ビフィズス菌の種類と必要性、摂取方法について詳しく解説!

ビフィズス菌腸内改善

ビフィズス菌とは?

ビフィズス菌女の子はてな

ビフィズス菌と聞くと、詳しくは知らなくても「お腹に良さそう」とイメージがありませんか?
はい、それは正解です。私たちの腸内環境を整えてくれる「大切な味方」なんです。またの名を「善玉菌」とも言います。

●私たちの腸の中には、沢山の菌がいるのを知っていますか?
それも、何となく知っているという人が多いと思います。
大きく分けて、「善玉菌」と「悪玉菌」が住んでいます。
名前を聞いただけで、「味方」と「敵」だと察しが付くと思います。まさにその通りなんです。

☆善玉菌とは?
善玉菌と呼ばれる菌は、複数あります。代表的な善玉菌は、ビフィズス菌、ルミノコッカス、コプロコッカスなどがあります。これらの菌は、私たちの腸の中を「正常」に保つ働きをしてくれます。

☆悪玉菌とは?
悪玉菌は名前の通り、私たちの健康に「悪影響」を与える有害な菌です。アンモニアや腐敗物質を増やし、分かりやすいところでは、便秘の原因にもなります。発ガン性の物質も作るので、悪玉菌を増やさない、減らす必要があります。

●善玉菌は、悪玉菌の悪さを防いでくれるヒーロー

善玉菌は、腸内のph(ペーパー)値、すなわち酸性からアルカリ性を表す数値で、7より小さいと酸性で、7より大きいとアルカリ性と言われています。悪玉菌はアルカリ性を好みます。
腸内がアルカリ性になると、カラダに悪さをする悪玉菌が増えてしまいます。それを防ぐには、腸内を弱酸性にして、悪玉菌をやっつける必要があります。どうしたら弱酸性に出来るかというと、「善玉菌を増やす」と解決出来ます。

☆善玉菌の効果とは?
腸内を弱酸性にして悪玉菌を減らし、有害物質を吸収します。便秘も予防してくれます。免疫力をアップして、コレステロールを減らし、消化を助けてくれます。
また、アレルギー体質の子供には、善玉菌が少ないという報告があります。
善玉菌の中には、発ガン性の物質を分解し、無毒化に役立つスーパーヒーローのような菌もいるので、積極的に善玉菌を増やす事は、私たちの健康に直結する事になるのです。

●「ウンチ」を見れば、腸内が分かる?

私たちの腸内では、善玉菌と悪玉菌が戦っています。
どちらが優勢なのか、お腹の中を覗く事は出来ませんよね?
でも、簡単に分かる方法があるんです!
それは…「ウンチ」なんです。

☆善玉菌が優勢の健康なウンチとは?
色→黄色
形→バナナのような形
ニオイ→それほど臭くない
排便状態→するっと出る

☆悪玉菌が優勢の不健康なウンチとは?
色→黒っぽい
形→コロコロと硬い又は下痢に近い
ニオイ→悪臭
排便状態→便秘で出すのに力がいる又は下痢。

便秘や下痢は、腸内が病んでいる状態なので、治療(善玉菌を増やす)が必要です。
☆ビフィズス菌のプロフィール ・住んでいる場所→小腸から大腸。
・好きな食べ物→ブドウ糖、乳糖、アミノ酸、ビタミン。
・嫌いなもの→酸素、空腹時の胃酸
・好きな温度→37~41℃
・得意なこと→腸内を酸性にする事。悪玉菌をやっつける事。ビタミンB群とビタミンKを生成する事。

私たちのカラダに不可欠な善玉菌ですが、どうしたら増やす事が出来るのか、どんな事をしたら減ってしまうのか、興味が出てきましたか?原因や方法を知れば、健康への近道になりますね!

●ビフィズス菌が減る原因とは?

・食べ過ぎ、絶食。極端な食生活。
・脂っぽい食事、野菜(食物繊維)が少ない食事。
・運動不足。
・ストレス。

仕事や家事が多忙で、ストレスが溜まり、不規則で偏った食生活は、ビフィズス菌が嫌う状態です。逆に悪玉菌が大好きな状態なので、上手にストレス発散する事や規則的な生活を送る事が大切ですね。

●ビフィズス菌を増やす方法とは?

①生きた善玉菌を含む食品を食べたり、サプリメントを飲む事で!ビフィズス菌を増やす事が出来ます。

☆善玉菌を含む食品

・ヨーグルト
・納豆
・漬物(ぬか漬け、キムチ)
・味噌
・牛乳
・チーズ
・穀物や芋類
・干し椎茸
・切り干し大根
・ゴボウ
・海藻類
・キノコ類
・バナナ
・玉ねぎ
・ハチミツ
・コンニャク
・アスパラガス

②善玉菌を含むサプリメントを摂取する
ドラッグストアや通販で購入出来ます。

③善玉菌が作り出す乳酸菌生産物質を摂取する。
免疫力のアップ、血糖値の安定、コレステロールを下げる作用があります。

④オリゴ糖を摂取する。
オリゴ糖は、腸まで届きます。そして、ビフィズス菌のご飯になります。オリゴ糖を取ると、ビフィズス菌が増えるという結果報告があります。

◎ビフィズス菌は、「継続的」に摂取する事が重要!

ビフィズス菌は、摂取しても「排出」されてしまうんです。一度取れば良いというものでは無いんです。だから腸内を元気に保つ為には、「毎日取る」事が大切です。

☆オススメの摂取方法とは?

一番一般的な方法としては、朝食にヨーグルトを食べる事です。無意識にヨーグルトを食べていた人もいるかもしれません。カフェのモーニングにも、ヨーグルトが付いている事が多いですね。だから朝食べるイメージが定着したのかもしれません。

☆1日どのくらい食べたら良いの?

・摂取量の目安(ビフィズス菌ヨーグルト)→100g前後

・ビフィズス菌の量→数10億以上

もし、ヨーグルトが苦手で食べられないなら、サプリメントで摂取するのが良いと思います。

代表的なビフィズス菌

ビフィズス菌腸内改善

ビフィズス菌には、実は種類があって、50菌以上と言われています。それぞれ効果も異なります。その中で、特に腸内に良いかは効果を発揮するビフィズス菌をご紹介したいと思います。

●ビフィズス菌BB536

数あるビフィズス菌の中でも、一番活躍してくれる存在です。赤ちゃんの時から、人間の腸内に住んでいます。
ビフィズス菌は酸素や胃酸に弱い性質がありますが、ビフィズス菌BB536は、酸素や胃酸に負けません。一番長く生きられるので、ヨーグルトなどで毎日ビフィズス菌を取るのに適している心強い存在です。

《ビフィズス菌BB536のチカラ》

①整腸作用
悪玉菌の有害物質をブロックします。腸内の調子が良くなるので、便秘解消の効果があります。

②感染症対策に効果的
大腸の表面の細胞を保護します。色々な感染症の予防に効果があります。病原性大腸菌やインフルエンザの予防にも効果があります。免疫力をアップさせます。ナチュラルキラー細胞や好中球(白血球)の活性の作用があります。

③アレルギー症状を緩和する
免疫力のバランスの崩れを改善します。その結果、アレルギー症状が緩和します。花粉症の緩和の作用が期待されています。

④ただれや潰瘍の症状を緩和する
大腸の粘膜に炎症が起こると、潰瘍性大腸炎になります。ビフィズス菌BB536は細胞の保護や免疫力アップの作用があるので、潰瘍の症状を緩和します。

④骨を強くする作用
ビフィズス菌は、腸内を弱酸性にする作用があります。すると、カルシウムが吸収されやすくなります。牛乳などのカルシウムを取ると、カラダにカルシウムが吸収されやすくなります。結果、骨が丈夫になります。

●ビフィズス菌B-3

ビフィズス菌B-3は、女性には嬉しいビフィズス菌です。
ダイエット効果があるビフィズス菌だからです。
しかも腸のバリア機能もあります。

《ビフィズス菌B-3のチカラ》

①ダイエット効果がある
脂肪の蓄積をブロックする作用があるので、体重や低脂肪を減らしたり、内脂肪や皮下脂肪を減らす作用があるので、生活習慣病にも効果的です。

②善玉コレステロールを増やす
コレステロールを肝臓に届ける事で、肝臓がコレステロールを分解します。これにより、動脈硬化の予防が期待できます。

腸内フローラの改善で、アンチエイジング効果

ビフィズス菌女の子美肌

腸の壁がお花畑に見えるので、腸内フローラと呼ばれています。その壁に善玉菌が住んでいます。その腸内フローラに問題が起きると、老化の原因となります。

・活性酸素の増加→増え過ぎると、健康な細胞を攻撃します。吹き出物、シミ、シワなど、肌のトラブルの原因となります。
・ターンオーバーの遅れ→肌のクスミ、乾燥、肌荒れと、老けて見える原因となります。

腸内フローラを元気に保つ事で、これらの問題が解決出来て、若々しく、美しい肌を保つ事が出来ます。